しょうが昆布 佃煮

しょうが昆布 佃煮

通常価格
¥400
販売価格
¥400
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

しょうが昆布 佃煮

特徴:

短冊切の道南産の真昆布を、高知県産の生姜と炊き合わせました。
辛口で爽やかな大人の味です。
ご飯のおともにどうぞ。


【製造の様子】
使用する昆布は、北海道函館市産の真昆布です。


無農薬しょうが

他の畑の影響を受けない山頂付近に、一から開墾、土作りからスタートして、作られた生姜です。
ミネラルたっぷりの赤土土壌で作られる生姜は香り、風味共に最高です。
一般的な生姜は農薬の使用量が非常に多いと聞きます。
できるだけ安全なものを選びたいものです。

薄切りにして使います


昆布と共に、伝統調味料で煮込み


出来上がり。




名称 佃煮
原材料名

生姜(高知県産)
真昆布(北海道函館市産)
丸大豆醤油(和歌山県東牟婁郡製造)(原材料:丸大豆、小麦、塩)
粗糖(鹿児島県種子島製造)(原材料:さとうきび)
たまり醤油(三重県鈴鹿市製造)(原材料:丸大豆、塩)
麦芽水飴(大阪府東大阪市製造)(原材料:甘薯澱粉、麦芽)
濃縮だし(大阪府製造)(原材料:真昆布、鰹節、鰯煮干し)
伝統味醂(岐阜県加茂郡製造)(原材料:もち米、米麹、米焼酎(乙類))
純米酒(長野県佐久市製造)(原材料:米、米麹)

内容量  80g
保存方法 冷暗所(20℃以下)開封後は要冷蔵
製造者 有限会社 こんぶ土居 大阪市中央区谷町7-6-38

 

こんぶ土居について

こんぶ土居は、創業以来百有余年、伝統ある大阪の食文化を守り育て、本物を次代に伝えています。

shopimg.jpg

 

江戸時代から明治にかけて、北海道と本州間の交易の要であった北前船。

その起点であり終点であった大坂へ北海道の産物は集められ、昆布文化は大坂の地で華ひらきます。


堺の刃物技術によって加工されるようになったとろろ・おぼろ昆布、和歌山の醤油との出会いによって生まれた塩昆布、そして何より昆布の出汁は世界に誇る日本料理の基礎をつくりました。

 

「食の基本はおいしさと安全から」と考えるこんぶ土居では、製造に際して、最高級の伝統調味料のみを使用し、加工助剤やキャリーオーバー等表示を免除されているものも含め一切の食品添加物を使用しません。

 

また、食文化を守るため、時代に合った便利な「本物」を買いやすい価格で作ることと、同時に消費者に正しい情報を伝えることも大切だと考えていらっしゃいます。

 

その本質をつかんでもらうため、代表の土居純一さんは、食や文化、環境についてもブログで発信しています。

こんぶ土居店主のブログ (hatenablog.com)


私たちの食卓が、多くのプロによって支えられていること、そして、環境変化によって今までの食文化を維持し続けることが危うい状況でもあることが、わかりやすくかかれています。元々ダイバーとして海に潜っていた私は、天然昆布と環境の話は、胸に迫るものがあります。そのほかにも、食品添加物についてや、食文化について、わかりやすくかかれています。

伝えようとする熱い気持ちと、その内容をみては、いつも頭が下がります。

ご興味のある方は、ぜひ一度ご覧ください。

送料について(税込み)

 

合わせて5000円以上お買い上げのお客様はこちらの製品の送料は無料とさせていただきます。

北海道 825

青森・秋田・岩手 660

宮崎・山形・福島・東京・茨城・栃木・
群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨・静岡・
愛知・岐阜・三重・新潟・富山・石川・
福井・長野 605

京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫 660

岡山・広島・山口・鳥取・島根・香川・
徳島・高知・愛媛 715

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 825

沖縄 825

発送日 発送は月曜日と木曜日になります。
(月、火、水にご注文の場合は木曜発送)
(木、金、土、日にご注文の場合は月曜発送)